求人募集の方法や実際の声をご紹介します

求人の募集方法

履歴書

ハローワークを利用する

ハローワークでは施設内の端末によって求人情報を得ることができます。ハローワークに求人を掲載するのは無料で行うことができ、助成金をもらえることもあるでしょう。手続きに時間がかかることもあるので注意してください。

大学の掲示板を利用させてもらう

新卒やアルバイトの人材を募集している場合には、関西の大学の掲示板を利用することも1つの手段となります。大学の窓口にて問い合わせをし、求人票を送付してお願いするとよいです。

求人誌を利用する

新聞や求人誌といった紙の媒体によって求人を掲載してもらうという方法です。求人誌にはタウンワークといったものがあり、それぞれに特徴があるのでよく検討してみると良いでしょう。特に地域の方を採用したいという場合におススメです。

ウェブサイトを利用する

インターネットで求人を募集するような方法も近年では増えてきています。インターネットで募集を行う際にはメールで募集の受付を行うことが可能なため、24時間対応することも可能でしょう。比較的若い世代の人材が欲しい場合に有効だと言えます。

人材紹介の利用

人材紹介会社を介して求めている人材を紹介してもらうという方法もあります。求職者とのやり取りを一任することもできますので、手間がかからないことが魅力的です。募集内容と合致した人材を探すことにおススメの方法です。

実際の声を確認してみましょう

募集の方法は色々とありますが、実際に利用した方の意見を参考にするとより良いでしょう。以下では求人募集に関する口コミ情報をご紹介します。

求人の募集に関する口コミ情報

主婦の方を採用するには

新聞広告を利用すると、主婦の方を多く集めることができますよ。職場から近くに住んでいる方を採用するために良い方法ではないでしょうか。

ウェブの募集は気軽ですね

ウェブで求人を募集しているんですが、掲載の流れも非常にスムーズで良いですね。普段の業務も進めているので、パパっと出来てしまうと嬉しいものです。比較的若い人が問い合わせをしてくれるので、希望にも沿っています。

タウンワークを利用しました

求人誌に掲載するときは、やっぱり名の知れた求人誌を選ぶべきですよ。みなさん、情報量が多くて馴染みのある求人誌を手に取られるじゃないですか。信頼感もあるのでいつも私はタウンワークを利用していますよ。

緊急時に役立った

業務がどっと忙しくなった時は本当に採用を検討している暇もないほどでした。そんな時に役立ったのが人材派遣です。人手が欲しい間だけ雇用することができるのも魅力ですね。

SNSを利用

ちょっと変わった採用方法なんですが、SNSを利用して人材を募集しました。うちはIT業界なので、このような募集もアリではないかと思って。SNSの良いところは1つの情報がどんどん拡散されていくことろです。うちの会社が既存の形態にとらわれないというアピールにもなりますよね。

広告募集中