掲載を行う際の流れや募集内容に関する疑問にお答えします

流れを知っておくとスムーズです

求人誌へ掲載を行う流れを理解しておけばスムーズですので、よく理解しておきましょう。募集内容にもよく注意しておく必要があります。特に関西のタウンワークはきちんとしていますので、事前にポイントをおさえておくべきでしょう。

掲載する流れをご紹介

仕事

まずは問い合わせを行う

まずは掲載を依頼する業者にコンタクトを取ってください。コンタクトを取る方法は電話やメールを利用することとなるでしょう。その時に掲載に必要な情報について説明があるため、よく確認を行ってください。

担当者と相談する

担当者と採用する内容を一緒に考えていくこととなると思います。不明な点はアドバイスをしてもらえるはずですので、色々と聞いてみると良いでしょう。掲載内容を決定すると同時に、掲載する形態の検討も行っていきます。募集内容によってどのような規模で行うべきかをよく話し合って決定しましょう。

掲載内容を確認

掲載する情報や掲載方法が決定しましたら、掲載する原稿を作成していくこととなります。原稿が完成しましたら、きちんと確認を行ってください。採用内容に誤りがある状態で掲載してしまうと、せっかくの募集が台無しになってしまいます。確認する時には細心の注意を払う必要があるでしょう。

掲載をはじめる

原稿の最終確認が終わりましたら、掲載が開始されます。掲載が開始した後は採用希望者からの連絡を待ちつつ、面接などの準備もきちんと行っておきましょう。試験が必要な場合は事前に準備しておくとスムーズです。

募集内容に関する疑問にお答えします

採用する時に地域を限定しても良いのでしょうか?

求人を募集するような時には地域を限定するようなことが禁止されています。地域の他に性別や社会的な立場といったことも差別的な表現となる為に注意しましょう。

手先が器用な方という募集は可能?

手先が器用であるという表現はあいまいなものとなってしまいます。基準が分かりにくいため適切ではないという点と、間接的な差別と見られるケースもあるため注意する必要があります。

面接時に運転免許証を持ってきて欲しいと書いてもいい?

面接において運転免許証などの提示を求めることが禁止されているため、そのような表記を行うことはできません。

会社にロゴマークや写真を使いたいのですが、使えますか?

ロゴマークの権利者に許可を得ているのでしたら、紙面に掲載することができます。写真においても撮影者に許可を取るようにしましょう。

他社で利用した内容を掲載したい

著作権に注意をする必要があります。文章やレイアウトをそのまま利用することはできませんが、内容を利用して作り直すことは可能となります。

広告募集中